薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 休日が年間120日以上の薬剤師転職

休日が年間120日以上の薬剤師転職

薬剤師は医師や看護師とは異なりますので、休日や有給はきちんととることができると考えられています。しかし、実際は働く環境によって違いがあります。病院勤務の薬剤師にも違いがあります。勤めている病院が診療所やクリニックなどで入院患者がいない施設では、休診日には休めますし、ローテーションなどによって有給休暇を取ることは難しくありません。.しかし、入院患者がいる場合や総合病院、大学病院などになると事情が変わってきます。深夜までの勤務になることもありますし、残業が多くなることもあります。休日も診療日に必ず休めるとは限らず、不定期な休日となることがあります。また、病院の外にある調剤薬局の場合は定休日を設けている場合には、一斉に休暇をとれるところもありますが、大学病院と提携している場合には定休日を設けることができない薬局もあります。

薬剤師の仕事は勤務先によって休日の体系が様々あります。休日をきちんと確保できる職場を探すには、ドラッグストアや製薬会社などの勤務を探すとよいかもしれません。これらの職場は薬剤師の仕事が中心ではないのが特徴です。調剤の仕事が少ない職場の方が休日を多く取得できる可能性が高いといえます。また保健所での勤務も休日が比較的多いです。こちらは地方公務員ですから、安定した休日数を取得できます。薬剤師の求人情報はいろいろなところで入手することができます。しかし、休暇の日数にこだわって探すとなれば条件設定をして探すと探しやすいです。それには薬剤師のための転職支援サイトを利用するという方法があります。登録してみるとわかりますが、転職支援サイトにはとても多くの求人情報あります。その中から自分が希望する条件にあった職場を探すには、検索条件を設定すればよいのです。

たとえば、休日も土日は稼働可能とか、必ず土日は休みなどの設定もできます。家庭の事情にあった条件の設定ができるので、スムーズな転職活動をすることができます。転職にはある程度のリスクがあります。現在の職場がよほどひどくない限りは次の職場の方が厚待遇であるという確約はありません。転職をする理由によっては致し方のない場合もありますが、待遇改善がされなければ転職する意味がありません。このようなリスクを最小限にするためにも、転職支援サイトは有効な転職手段です。職業に特化している、細かい条件を設定できる、そして利用は無料です。これらの点を考慮して効率よく利用するとよいでしよう。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.