薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 転勤がない薬剤師転職

転勤がない薬剤師転職

支店や営業所を複数抱えている大企業になるほど転勤はつきまといます。転勤先が自宅から通える範囲ならそれほど問題にはならないのですが、転勤に転居が伴うような場合には様々な不便が生じます。家族の都合によっては単身赴任になる必要も出てきます。また、家のローンを組んでいたとしても勤務先の辞令には逆らえません。薬剤師の職場は調剤薬局ばかりでなく、ドラッグストアや製薬会社まで幅広くあります。薬剤師の勤務先が個人商店、病院などの場合転勤をするということはありません。病院でも、複数の系列病院で成り立っている法人病院がありますが、それでも転勤をする可能性はほとんどありません。このように、薬剤師は一般企業に比べれば転勤の心配がかなり少ない職業と考えてよいでしょう。運悪く転勤の辞令が下りてしまった場合、転職をしてその地にとどまるという選択があります。

薬剤師は転勤が少ないとはいえ、会社や勤務先の事情によってはリスクはゼロではありません。転職先に製薬会社を選んだ場合、転職の確率は高くなると考えてよいでしょう。製薬会社での職種にもよりますが、営業職に採用されてしまった場合には転勤は逃れられないでしょう。大規模な会社になるほどこのリスクは高くなります。また、全国に店舗を構えるドラッグストアも転勤の確率はゼロではありません。店舗が多いほど、転職するリスクが高くなると考えられます。このような点から、調剤薬局の勤務は転勤の確率が少ない職場であると言えます。特に地域密着型の薬局なら、まず転勤の可能性はないでしょう。転勤なしだけにこだわるのであれば、いくらでも仕事を見つけることは可能です。しかし、薬剤師として転職するのなら前職よりも低い待遇にはしたくないものです。このような職場は離職率が低く求人数も少ないという特徴もあるため、転職によって条件の良い職を入手するのは狭き門です。

転職情報を得る手段として、折り込みの転職情報やハローワークがありますが、そのような手段では薬剤師の求人情報は必ずあるわけではありません。薬剤師に特化した求人情報を入手するには、転職支援サイトが便利です。薬剤師のための転職支援サイトとなっていますので、自分が働きやすい条件を設定して職場を探すことができます。転勤なしだけでなく、勤務時間や勤務体系についても条件を設定して探すことができます。非公開の情報も数多くありますので、待遇の良い職場の求人情報を得ることが可能です。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.