薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 店舗数が多い薬局の薬剤師転職

店舗数が多い薬局の薬剤師転職

薬剤師が働ける職場は意外と幅広くあります。病院や調剤薬局が一般的な職場として考えられていますが、その他、薬局、ドラッグストア、製薬会社など調剤を主な職務としない職場でも薬剤師として働ける場があります。薬剤師の男女比は女性が圧倒的に多いといわれていますが、女性は結婚や出産などでフルタイム勤務が難しくなる時期があります。そのため、退職や休職する人が数多くいます。このようなケースで再就職や転職をする時に、勤務しやすい環境が整っている職場として多くの人が考えているのはドラッグストアです。しかも、全国展開をしているような支店数の多い大規模店舗であるといわれています。

市販薬には3つのタイプがあり、種類によっては薬剤師の確認やアドバイスがないと購入できないものがあります。そのため、薬剤師は必要なスタッフなのです。大規模展開をしているドラッグストアでは、薬剤師としての調剤の仕事はほとんどありません。薬の説明やアドバイスはありますが、店舗で販売しているその他の商品についての販売もします。たとえばコスメ、家庭雑貨、ペット用品など様々な商品があります。ただ、家庭との両立がしやすい職場であると感じている人が多くいます。勤務体制はフルタイムから扶養控除内のパート、アルバイト、時短など働きやすい環境づくりをしている店舗が多いといわれています。働き方を選ぶことができることは独身者にも働きやすい環境といえます。また、薬剤師は職場によっては休日や休暇を希望通りに取れないことがあると聞きます。この点、大規模展開をしているドラッグストアは休日の体制や福利厚生がシッカリとしている場合が多いです。勤務体系が確立されていると仕事帰りや休日を有効に使って、習い事などに利用する計画が立てやすくなりますので、プライベートを充実しやすくなります。スキルアップのための勉強をすることもできます。薬剤師としての立場だけでなく、ドラッグストアの一員として薬についての最新情報の学習をしたり、経営の学習をしたり、店舗独自の勉強会に参加することができるのです。

このような職場に就職するには、求人情報誌やハローワークで求人情報を入手できます。また、店舗のサイトなどで求人情報を掲載していることもあります。また、転職求人サイトにも情報があります。自分が希望する条件にあう薬局を選んで応募するとよいでしょう。また、面接時に自分の条件を正直に言うことで転職に失敗することはなくなります。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.