薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 土日祝日休みの薬剤師転職

土日祝日休みの薬剤師転職

土日は必ず休みがあるのは多くは会社員です。一般企業の多くは土日が休日となっています。しかし、サービス業はそうはいきません。土日に休んでいては収入が減ってしまうからです。医療関係でも土日に休診としている職場があります。小さなクリニックや診療所などがそれに当たります。また、総合病院や大学病院でも救急を除いては外来診療は休診としているところが多くなっています。薬剤師が働く調剤薬局も病院の休診と連動してお休みになるところが多いです。

しかし、調剤薬局でも土日にも稼働しているところもあります。入院患者の多い病院と提携しているところ等では土日に稼働している場合もあります。しかし、調剤薬局の多くは土日はお休みのところが多いので、転職候補として多くの情報を入手することができるでしょう。確実に土曜日と日曜日を休みたいという条件で探しても転職先を見つけられる確率は高いです。また、製薬会社の社員になれば土日はお休みをすることが可能です。製薬会社に勤務する場合には、職種にもよりますが薬剤師の立場でも会社員ですから、一般的には休日となります。ただし、研究室などの勤務の場合にはこの限りではありません。ケースバイケースとなりますので、受験する会社の情報を確認する必要があます。面接時に土日休みの条件を出すことはできますが、それでは印象が悪くなってしまいますので注意が必要です。

もっとも簡単に転職先を見つける方法として、転職情報サイトなどを利用すると便利です。特に薬剤師を専門としている転職サイトは複数ありますので、登録をしてみると内容を見ることが可能でしょう。いろいろな条件を設定して、自分が勤めやすい職場を探すことができます。土日が休みであること以外、特に職場にこだわっている条件がないのであれば、比較的楽に転職先を見つけることができるでしょう。登録をするとスタッフから連絡があります。その際には転職の意志が固まっている旨を伝えること、自分の転職条件を伝えることが大切です。曖昧なまま転職先を紹介されても、条件に合わなくて断らざるを得ないということもあります。何度も断ってばかりいると心証が良くありませんので、転職条件ははっきりと伝えましょう。少しぐらいわがままな条件でも、スタッフさんは努力して探してくれます。中には非公開の求人情報もあります。非公開案件は他の求人サイトでは知ることができない貴重な情報です。もしかしたら、厚待遇で転職をすることができるかもしれません。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.