薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 漢方薬局への薬剤師転職

漢方薬局への薬剤師転職

漢方薬局で処方する薬は、漢方薬です。調剤薬局と違う点は、多くの場合、医師の処方箋に従って薬の処方をするのではないということです。漢方薬は新薬とは異なります。生薬とも呼ばれ、自然界にある植物などを薬草として対置用の改善に利用します。即効性はほとんどありませんが。体に優しい薬効があることで人気が高まっています。実は一般の薬剤師の資格では、漢方薬の調剤や診断をすることができません。漢方薬剤師でなければならないのです。これは、漢方薬・生薬認定薬剤師という正式名称で民間の資格ですが、薬剤師の資格がない人は受験することができません。漢方薬局で働くためには、薬剤師の資格をとったあと漢方薬や生薬の専門知識を修得して、漢方薬剤師の資格の取得をする必要があるのです。その上、資格は3年ごとの更新制なので、資格を取得した後も知識の修得に気を抜くことができません。

また、薬剤師の資格があれば、漢方薬剤師の取得を目標にして漢方薬局で業務を行うことも可能です。机上の勉強だけで知識の修得をするより、現場で専門知識に対する見聞や知識を広めたほうが覚えやすいと考える場合もあります。漢方薬剤師としての仕事は、漢方薬の販売だけではありません。利用する人から健康に対する相談を受けたり、体調の状態を確認したりします。その結果によって薬の調剤も行います。薬局によっては、相談会などを開いたり常に人が集まることができる場を提供しているところもあります。漢方薬を調剤するには、利用者の声をよく聞くことが大切なので、コミュニケーション力も需要です。人と話すことが好きな人の方が向いているでしょう。漢方薬は、一部の場合を除いては保険適用外です。長期に利用することが必要な薬なので利用者にとっては費用負担は大きくなります。そのため患者の立場になって考えられる薬剤師でいることも必要です。

一般の病院やクリニックで処方する薬の多くは新薬です。患者の中には新薬の副作用を懸念して漢方薬を好む人もいます。そのため、漢方薬の知識を持った医師がいる東洋医学を取り入れている病院では、処方薬に漢方を取り入れているところもあります。しかし東洋医学を専門にしている病院はあまり多くありません。そのため、病院での処方薬に漢方薬が利用されることも少ないのです。漢方専門の薬局の数もあまりありません。ドラッグストアでは、すでに薬剤メーカーが調剤した製品を販売しているという状態です。このようなことから漢方薬剤師の需要は少ないという現実を知っておくことも必要です。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.