薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> クリニックへの薬剤師転職

クリニックへの薬剤師転職

薬剤師の資格があるのなら、資格を生かした職場で働きたいと考える人が多いです。病院、調剤薬局、ドラッグストアなどが主となっています。病院の仕事は薬剤師には人気があります。知識を最大限に活用できるなど働き甲斐があるというのが主な理由です。しかし、大学病院など規模が大きくなってしまうと、病院内に薬局を併設しているところが少なくなっていて調剤薬局へ仕事が移行されています。

薬剤師として病院内での勤務を希望するのならクリニックが良いかもしれません。クリニックというのは、通常の病院と比較すると病床数が少ないのです。19床以下の規模になると診療所、クリニックという呼称になります。中には入院の設備を整えていないクリニックもあります。規模が違うだけで薬剤師としての業務はほとんど変わりません。ただ、仕事量を比較すると、クリニックの方が多忙である場合が多いです。入院患者がいる場合には、その患者に対する薬の処方もありますので、さらに仕事量が増えることが予測されます。クリニックは診療時間がはっきりとしています。また、休憩時間も長いのが特徴です。そのため、子供がいる人など長時間の勤務が難しい人には人気のある職場です。残念ながら収入や福利厚生の面では、他の勤務先に比較すると優遇されているとは言い難いです。それでも、クリニックでの勤務や転職希望者は多く人気があります。待遇面が劣っても、忙しくてもクリニックでの勤務はキャリアアップには適した職場と考えている人が多いのです。

薬は医師が処方します。そのため、クリニックのような小規模な医療機関では薬剤師を置かなくても医師が直接薬の処方をすることができます。そのため、処方して調剤をした薬をパッキングするのは医療事務員ということもありました。このことで患者に不安感を与えてしまうこともあったようです。しかし、医師としての診療の仕事が多忙で薬の処方が大変になり、薬剤師を募集するケースが増えています。また専門家が薬の調剤をすることで患者に安心感を与えることもできますので、病院としては良い方向に働いています。転職先としてクリニックを探している場合には、自力で探すのはなかなか難しいです。クリニックは大きな組織ではありませんので、募集がかかっても1人ということが多いです。居心地が良ければ離職率も低くなります。このような点を考えると、クリニックへ転職したいのなら転職支援サービスを利用するという方法もあります。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.