薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 一般企業への薬剤師転職

一般企業への薬剤師転職

薬剤師の有資格者のうち薬局関連に勤務をしているのは約7割と言われています。薬剤師は薬のエキスパートですから、調剤薬局やドッグストアなどでは欠かせない存在です。薬は体調の改善をしたり、予防をするために役立っています。しかし、用途を間違ってしまうと毒にもなりえる危険なものもあります。たとえば風邪薬をグレープジュースで飲んではいけない、と言われています。薬と一般の食品との相性もありますが、薬同志の相性もあります。特に薬同志の相性は、薬剤師などの専門家でないとなかなかわかりません。このようなアドバイスや注意を促す大切な役割を担うのは薬剤師の仕事のひとつでもあります。

このような職種の特徴があるのですが、一般企業からの求人もあります。薬品を扱っている企業では特に求人が多くなっています。薬品の使用や取扱いに関わる書類の提出や薬品の管理にはその道の知識に長けている人が適しているのです。たとえば医薬品や化学薬品を製造しているような会社では、品質管理責任者などの仕事を任されることもあります。そのような立場になると重大な責任を持つことになりますが、会社での立場も重要なポストとなることもあります。製薬会社でも研究所や開発部門などではなく営業畑で薬剤師を採用しています。自社製品の営業を行う職種もありますが、MRといって、自社製品の情報を知らしめる仕事もあります。また、治験会社にはCRCという職種があって、治験がスムーズに行えるように手配をする仕事を行なっています。意外な職場では化粧品会社での開発や研究の職種もあります。特に、アンチエイジング関連の製品になると、薬品を取り扱うこうとも多いため、資格取得者は欠かせない存在なのです。また、食品会社でも薬剤の知識が豊富な薬剤師が必要とされる職種があります

一般企業での職務の場合には、調剤の仕事はあまりありません。管理や書類の作成などが多くなります。デスクワークが多くなりますので、勤務を希望する場合には職種の特徴を把握して応募することが大切になります。薬剤師の職場を一般企業に求めるときには、一般の転職支援サービスを利用する人がいます。しかし、薬剤師を求めている場合には薬剤師のための転職支援サービスを利用します。このような理由から、薬剤師のための転職支援サービスサイトに登録をした方が、希望にあった職場を探しやすいでしょう。求人情報が豊富にありますし、担当者が条件に合わせてマッチングしてくれるサポートも行っています。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.