薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 調剤薬局への薬剤師転職

調剤薬局への薬剤師転職

調剤薬局というのは、医療機関が発行した処方箋に従って薬を販売している薬局です。以前は、病院の窓口で行っていた業務ですが、最近では調剤薬局がおこなっています。これは、分業をすることで、安心して確実に薬を提供するということを目的としています。病院が提携をしているところもあります。病院の周辺によく見かけることができます。しかし、処方箋さえあれば、自宅の近くでも、他の場所でも病院との提携があれば薬の購入をすることができます。処方箋は、発行された時のその分量しか入手することはできません。

調剤薬局の利用方法は簡単です。病院で診察を受けたあと診療代の支払いの際に、薬の処方があれば処方箋を渡されます。これを調剤薬局の窓口に提出して薬の購入をします。この時の注意として、お薬手帳を持っている場合には必ず処方箋と同時に提出することです。お薬手帳には、患者が服用している薬の全ての記載があります。服用している薬というのは、医療機関からの処方箋が出されている薬ということです。ドラッグストアなどで購入した薬は記載されていません。薬には単独で使用すれば非常に効用が高いとしても、他の薬や成分と相性が悪い場合があるのです。慢性病や持病で長く使用している薬があればさらに副作用のリスクが高くなりますので、お薬手帳はとても大切です。基本的には、医療機関の処方箋通りに薬を用意します。分量について記入ミスがないかどうかの確認をします。また、ごく稀に、医者が処方した薬と他の病気で服用している薬が合わないこともあります。この点に気付いてくれるのは薬剤師さんです。処方箋の薬に疑問があれば、医師と連絡をとって適切な薬に変更することも必要な業務です。また、薬剤師は新しい薬の知識も豊富に持っていることが求められます。そのため、服用している薬で副作用を感じていないか、効果があいまいでないかなどにも心を配り、薬が効果的に服用できるように手配できることが望ましいのです。

薬の処方を行なったら、処方箋の内容を記入しデータとして保存します。また、その内容をシールに印刷してお薬手帳にも添付します。これで薬歴の記入もできることになります。会計をして薬の処方は終了です。これが調剤薬局の主な仕事です。調剤薬局での仕事の内容をよく理解して、患者さんのために薬のケアを行なうことが必要です。常に患者の立場に立って、薬が適正であるか、効果的に利用されているかをチェックすることも重要な仕事です。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.