薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 製薬会社への薬剤師転職

製薬会社への薬剤師転職

薬剤師は国家資格です。高度な知識の修得をして国家試験に合格することによって取得することができます。職場としては、病院や調剤薬局が主となっていますが、広範囲な職場があります。製薬会社もそのひとつです。製薬会社での仕事としては、研究職と考える人が多いのですが、営業職もあります。研究職は、専門分野のエキスパートであることが必要なため、常に募集があるわけでもありません。さらに薬剤師の資格だけでは職に就くことは難しいでしょう。

製薬会社は収入が高いことが多いので、就職を希望する人が殺到します。研究職の募集は少ないのですが、営業職ならば比較的門戸が開かれています。営業であっても製薬会社の場合には、もちろんどのような学部出身でも就職に支障はありませんが、薬剤師の資格があることが応募の条件として求められることもあります。製薬会社の営業はMSと呼ばれ、病院を回って自社の薬の売り込みをします。そのため、薬の知識が豊富にある方が病院からの信頼を得やすく、スムーズに仕事をこなせる可能性が高いのです。その他製薬会社で求められる人材にはMRと呼ばれる医薬情報担当者というのがあります。営業と似たような仕事ですが、自社の薬についての効能や品質、安全性などの情報を医師や薬剤師に提供をすることが主な仕事です。営業職とは分離されていて、薬品の使用に関してのアドバイスをするという立場をとっています。製薬会社の社員の特権は、収入面でしょう。薬剤師といえどもすべての人が高収入を得られるわけではありません。製薬会社では薬剤師に対する資格手当がない場合もありますが、それでも、他の職場と比較すると収入は高めになっています。また、製薬会社では社員ですから、勤務時間や残業手当、休日などについては保証されます。そのため、プライベートの予定を立てやすく、他の職場よりも充実したプライベートを確保しやすいのが特徴です。

就職情報は各大学の就職課にも届きます。新卒ならばそのような情報から就職試験を受けるという方法をとれますが、転職となるとなかなか情報を入手することは難しくなります。薬剤師資格を持っているのなら薬剤師に特化した就職サイトを利用すると就職しやすいでしょう。就職情報サイトには様々な求人情報があります。幅広く豊富にありますので、製薬会社のMRへの転職情報も入手することが可能です。サイトのスタッフがアドバイスをしてくれますので、より良い就職先を見つけることができるでしょう。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.