薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> ドラッグストアへの薬剤師転職

ドラッグストアへの薬剤師転職

薬剤師が働く多くの職場では、病院の処方箋に従って患者さんのために薬を整えるのが仕事です。対して一般のドラッグストアでは病院などで処方される医療用医薬品の販売はしていません。一部のドッグストアでは、調剤薬局を兼ねていることもありますが、たいていはOTC医薬品の販売のみです。OTC医薬品というのは、OverTheCounterの頭文字をとったもので、カウンターを挟んで薬を売る形態が元になっている呼称で、一般用医薬品のことを指します。

ドラッグスストアで取り扱っているOTC医薬品は第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品に別れています。このうち、第三類医薬品はビタミン剤や整腸剤などで自分の意思で自由に購入することができます。また、第二類医薬品は、風邪薬、解熱剤、鎮痛剤が含まれます。自分の意思で購入することは可能ですが、できるだけ薬剤師や登録販売者による説明を受けることが望まれる薬品類となっています。そして、第一類医薬品には、OTC医薬品として広く需要がないタイプの医薬品や養毛剤などが含まれます。この記述があるOTC医薬品の購入には、薬剤師の説明や確認が必要です。また、誰もが手に取れる場所に陳列されていないのが一般的です。ドラッグストアにおいて薬剤師は、第一類医薬品に属するOTC医薬品の販売には欠かせない存在です。とはいうものの、このグループの薬が飛ぶように売れるということはありませんので、それ以外の仕事もこなさなければなりません。

薬剤師としてドラッグストアへの転職を考える場合には、販売以外の仕事もあることを知っておくことが大切です。処方箋通りに薬を整える調剤薬局の仕事に対して、ドラッグストアでは、お客さんの相談を受けることもあります。また、知識も薬に関してばかりでなく、コスメ製品、ベビー用品、ペット用品から家庭雑貨まで販売している使用品全てに対してある程度は知っておくことが必要です。接客が好きではない人には向かない職場かもしれません。

待遇面については、ドラッグストアにもよりますが、大手の場合にはある程度期待できます。収入、休日などの福利厚生面において、調剤薬局よりは恵まれているケースが多いようです。また、ドラッグストアでのアルバイト、パートを希望している場合、勤務場所によって基本給が異なります。パートの最低賃金は地方によって格差がありますので、東京と地方では収入が異なってしまうことは覚えておくとよいでしょう。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.