薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】

TOP >> 人気の業種で探す >> 保健所への薬剤師転職

保健所への薬剤師転職

一般にはあまり知られていませんが薬剤師の職場には保健所もあります。保健所で働く場合には公務員という立場になります。地方公務員試験に合格することが前提となります。保健所には医師、看護師、薬剤師、保健師、精神保健福祉相談員などの資格を持った人たちが働いています。しかし、病院ではありませんので、病気の診療を行うことはありません。

保健所の仕事は多岐にわたっています。たとえば、妊婦や乳児に対する検診、健康相談、健康診断、社会福祉施設などへの栄養指導など住民に対してのサービスを担っています。また、公衆衛生に関する業務も行っています。たとえば、病院や薬局の開設に関わる書類の審査や受理などがあります。衛生管理が大切な業種としては理容店、美容院、クリーニング店もありますが、このような店舗についての衛生管理指導なども行っています。定期的に巡回をして、各店の衛生状況などのチェックも欠かせない業務です。また、食品衛生に関わる管理も行います。あってはならないことですが、食中毒や伝染病が発生した時に対処をする役割もあります。実際に発症現場を検分するために訪問をするのも仕事の一環です。食品に関しては、苦情相談にも対応しています。また、地域の人たちとのコミュニケーションをはかることも必要な業務のひとつです。場合によっては薬に関する相談の窓口となることもあります。このようなことから人と接することが苦にならない人であることも、転職を希望するときには必要なポイントです。

ただ、薬剤師の資格があっても公務員試験に合格しなければ保健所での求人があっても応募することはできません。さらに、公務員試験に合格しても保健所に配属されるという確率も100%でありません。薬剤師で公務員としての活躍の場は他にもあるのです。たとえば、公立の病院、薬の知識を必要とする職場、警察関連など複数あるのですが、保健所を自分で希望することはできないのです。場合によっては、意にそぐわない職場に配属されてしまうこともあります。地方公務員ですから、職場に不満がなければ安定した保障があります。休暇や給与などは安定していますので、職場にやりがいを見いだせれば長い間仕事をすることが可能です。転職には各地方自治体の求人情報を入手することが必要です。必ず毎年求人があるわけではありませんし、年齢制限がある場合もあります。臨時職員を募集することもありますので、マメに情報をチェックするとよいでしょう。

>>薬剤師転職サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2015 薬剤師転職サイトランキング【※口コミ比較の最新版】 All Rights Reserved.